その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2006.07.13 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > MM IDBank

MM IDBank

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
MM IDBank
柔軟なカテゴリ管理が特徴の自動入力機能付きID/パスワード管理ソフト
Windows XP/2000  フリーソフト
MM IDBank
  • メイン画面。登録アイテムはカテゴリやアイコンで分類できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • ID/パスワード貼り付け時のメニュー。カーソルを入力個所に置き、ホットキーを押すと現れる
  • 貼り付けのアクション設定画面。登録IDごとに自由に設定できる

  • Webサイトなどのフォームへの自動入力機能を備えたID/パスワード管理ソフト。必要な場面で、ID/パスワードをすばやく貼り付けられる。

    「MM IDBank」は、インターネットの利用に欠かすことのできない、ID/パスワードの管理ソフト。ID/パスワードをカテゴリ分類して、柔軟に管理できるのが特徴。ホットキーによるフォームへの自動入力も行える。登録されたID/パスワード情報は、暗号化保存される。

    登録情報は、カテゴリごとに分類して管理できる。カテゴリはユーザが自由に設定することが可能。ひとつのID情報に対して複数のカテゴリを指定することも可能で、柔軟な分類・管理を行える。メイン画面では、カテゴリによるフィルタリング表示や、タイトル/カテゴリでの並べ替えが可能。各ID情報にはアイコンを設定できる。自作アイコンも使用できる。

    ひとつのID情報に対しては、「ID」「パスワード」を含めて最大4項目を登録することが可能。サイトへのログインなどにID/パスワード以外の情報が必要な場合も、項目を追加することで対応できるようになっている。

    Webサイトの入力フォームにID/パスワードを貼り付けるには、ホットキーを利用する。入力したい個所にカーソルを置いた状態で【Windows】+【V】キー(ホットキーはオプションで変更可能)を押すと、登録されたID情報がメニュー表示される。メニューからアイテムを選択して貼り付ければよい。

    貼り付け時のアクションは、アイテムごとに設定することが可能。貼り付けられるのは、ユーザが登録できる4項目と、【Tab】/【Shift】+【Tab】/【Enter】/カーソルの各キー入力。入力フォームに応じて、組み合わせて利用できる。アクションを設定する際に、既存のアクションを複製して利用することも可能だ。

    そのほかにも、

    • パスワードの自動生成
    • 「*******」のような隠されている文字列の強制表示
    • 「MM IDBank」自身をパスワードでロック
    • XML形式でのデータのインポート/エクスポート
    といった機能を備えている。
     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    もはやID/パスワードの管理・貼り付けソフトは必要不可欠のものとなっている。さまざまなタイプのソフトが公開されているが、「MM IDBank」は使い勝手のよさが特徴のソフトだ。

    使いやすさの理由のひとつが、管理方法の柔軟性。カテゴリによる分類はごく一般的な方法といえるが、カテゴリを複数指定できることが管理のしやすさに大きく寄与している。例えば「Yahoo! Japan」のようなポータルサイトにはその中にさまざまなサービスが含まれており、ひとつのID/パスワードが何種類もの場面で使われる。こうした情報に複数のカテゴリを設定できれば、管理も貼り付けも簡単にできるわけだ。

    貼り付けをホットキーからのメニューで行えるのも、手早い貼り付けを可能にしている。実際にやってみるとわかるが、これは非常にやりやすい。メニュー自体がカテゴリ分類で表示されるので、ここでも複数カテゴリを設定できることが大きなメリットになっている。

    そのほかの機能としては「パスワード表示」が便利。こうした管理ソフトにパスワードを登録しようと思っても、すでにパスワードを忘れている場合がある。その上、アプリケーションにはアスタリスクでしか表示されず、登録しようにもできないことがある。だが、この機能を使えばそれも解決できる。非常におもしろい、よいソフトだと思う。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    日々使うIDやパスワードについて「数が増え続けて覚えきれない」「強力なパスワードは入力に手間が掛かる」といった悩みがありました。「簡単なパスワードを複数のサービスで使い回す」という危険な方法ではなく、より安全性の高い方法でこの問題を解決しようと考え、「MM IDBank」を開発しました。

    開発中に苦労した点
    「安全性と利便性の両立」を重視するところで苦労しました。すでに広く利用されている多くの暗号技術、ユーザインタフェース、データ管理技術を検討し、いろいろ試しながらデータの扱いと使い勝手を決めていきました。

    ユーザにお勧めする使い方
    ぜひ、ひとつのID情報に複数のカテゴリを割り当てる管理方法を試していただきたいと思います。そしてフォルダによる分類方法との違いを実感してみてください。

    (ぷーる)
    最近のレビュー記事
    HD革命/CopyDrive Ver.8HD革命/CopyDrive Ver.8
    パソコンの環境をOSやデータを丸ごと別のハードディスクやSSDにコピー
    おくすりアラームおくすりアラーム
    指定した時間にポップアップでお知らせ。お薬の「飲み忘れ」を防止
    BeeCut 動画編集BeeCut 動画編集
    字幕・テロップ・ナレーションもお任せ。オールインワン動画編集ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    Voice Code PROVoice Code PRO
    誰でも簡単に使えるように開発された音声認識ソフト「Voice Code」の最上位版
    ロト6で億万長者ロト6で億万長者
    ベストセラー「億万長者ボード」シリーズの著者が独自の理論でロト6の買い目を予想するソフト
    ESET インターネット セキュリティESET インターネット セキュリティ
    「軽快な動作」と「高い検出率」で定評のある、マルチプラットフォーム対応の総合セキュリティ対策ソフト
    Windowsアプリ開発入門Windowsアプリ開発入門
    これで貴方もソフト開発者。大人の為のプログラミング学習ソフト
    「MM IDBank」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● MM IDBank Ver.2.0.0.0
  • 作 者 : ぷーる さん
  • 対応OS : Windows XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://muumoo.jp/
  • 補 足 : 動作には.NET Framework 2.0が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    MM IDBank 2.0.0.0 IDやパスワードを管理するツール フォームへの自動入力が可能 データは暗号化して保存 (118K)



    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.