Explorer++Ver1.3.5 日本語化定義ファイル

Explorer++Ver1.3.5用の日本語化定義ファイル(Explorer++Ver1.3.5本体は同梱されていません)


ソフト詳細説明

David Erceg氏が開発したエクスプローラーライクなファイルマネジャExplorer++を日本語化するための、言語定義ファイルです。
Explorer++.exeと同じフォルダにExplorer++JP.dllをおいてください。オプション設定のダイアログから日本語を選択して、Explorer++を再起動すると表示が日本語に変わります。

動作環境

Explorer++Ver1.3.5 日本語化定義ファイルの対応動作環境
ソフト名:Explorer++Ver1.3.5 日本語化定義ファイル
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:GPL
作者: 岩本 欣也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

定義  本体  Explorer 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastCopy Windows系最速(?)のファイルコピー&削除ツール(ユーザー評価:4)
  2. LockHunter ほかのプロセスにロックされ、削除できないファイルのロックを解除し、操作可能に(ユーザー評価:0)
  3. FolderDiff フォルダの比較ツール(ユーザー評価:4.5)
  4. 重複ファイルチェックソフト「重複確認」 全フォルダから総当たり戦で重複ファイルを高速検索 普通のソフトと速度が違う!(ユーザー評価:3.5)
  5. pathway ファイルのパスをクリップボードに送る(ちょっと便利な機能付き)(ユーザー評価:4.5)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • FolderFileList 1.0.0.0 - ツリー形式または詳細なリスト形式での出力が可能。簡単・手軽に使えるフォルダ/ファイルリストの作成ソフト
  • FileInfoList 1.7.0.0 - 指定フォルダ内のファイル/フォルダ情報を一覧表示。HTML/CSV/TXT形式で出力できるソフト
  • NewFileTime 2.78 - 前後へシフトさせる日時で指定することも可能。プレビュー機能付きのコンパクトなタイムスタンプ変更ソフト
  • Titan 2.15 - さまざまな種類のファイルを仮想フォルダで一括管理。重複ファイルの削除も行える文書管理ソフト
  • LeafThrough 2.7.1 - オフィス文書やPDF、画像ファイルの内容を“パラパラと閲覧”しながら確認できる“ビジュアル検索”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック