CRC4KDDI

KDDIの端末向けにダウンロードさせるファイルに対して使用するアプリ


ソフト詳細説明

CRC4KDDIは、KDDIの端末向けにダウンロードさせるファイルに対して使用するアプリケーションです。

KDDIの端末は、KJXやPNGファイルなどのリソースファイルをダウンロードする時にCRC(Cyclic Redundancy Check)という処理を行います。この時にチェックバリューという特別な計算式で計算した2バイトの値をリソースファイルの最後に付け足しますが、CRC4KDDIはそのチェックバリュー付加処理を行うコマンドラインJavaアプリケーションです。

※MIDPによる開発、およびJ−PHONE、KDDI向けの開発方法、J2ME Wireless Toolkitの使用方法に関しては、私どもSkyArtsの代表である「米川」が執筆した書籍の「Java2ME MIDP ゲームクリエーターズガイド J−PHONE、KDDI完全対応」(技術評論社 ISBN4−7741−1470−7)に詳しく記載されていますので、購入を検討してみて下さい。
http://www.skyarts.com/japan/books/index.html

動作環境

CRC4KDDIの対応動作環境
ソフト名:CRC4KDDI
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: スカイアーツ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ダウンロード  端末  KDDI 


「JAVA言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. CPad for Java2 SDK Java2 SDK用のJava開発環境 GUIで簡単にコンパイル・実行ができます(ユーザー評価:4.5)
  2. ATool JAVAアプレット作成支援(ユーザー評価:3.5)
  3. JpEdit_02 Javaプログラミングを始めて勉強する人も、ベテランにも便利なエディタ(JpEditの改造版)(ユーザー評価:0)
  4. Jcompile ボタン一つでコンパイル実行(ユーザー評価:0)
  5. Anemone JAVAアプリケーションを手軽に起動する配布用実行ファイルを作成(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION