ROMAN

メモリ常駐型 ローマ字→カタカナ 変換プログラム


ソフト詳細説明

 ATOKやVJEなどのフロントエンド・プロセッサ(FEP)を用いずに,ローマ字入力方式で半角カタカナをキー入力できるようにするための,メモリ常駐型プログラムです.
 出来上がった実行形式のプログラムは2.4kバイトの大きさで,「ROMAN.COM」と名付けました. MS-DOSで動作しているNECのPC-9801シリーズとエプソンの互換機を対象としています.
 このプログラムを常駐させると,カナロックキーを押し込んだ状態(カナLEDが点灯する機種もありますが)でローマ字入力が可能になります.
 カナロックしたあと,「AIUEO KAKIKUKEKO」とタイプすると,「アイウエオ カキクケコ」と半角のカタカナでタイプしたのと同じ結果が得られます.
 当然ですが,カナロックがオフの時は通常の英数字記号の入力が可能ですし,カナロック時でもキーボード上段の数字と記号キーは,ノーマルで数字が,シフトで記号が有効になります.
 このプログラムは,技術評論社の月刊誌「プロセッサ」89年11月号に掲載していただきましたので,すでに御存知の方もおいでと思います. 基本的な操作は,この記事の内容と同じですが,「JA〜JO」を「ジャ〜ジョ」にしたのと,「カナロック+シフト+A〜Z」キーによる文字列出力を変更しています.
 他のアプリケーションプログラムとの相性など,十分な動作確認が出来ていない所もあります.どうかローマ字入力ファンの皆様でいろいろと評価してみてください.

動作環境

ROMANの対応動作環境
ソフト名:ROMAN
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC PC-98
種類:フリーソフト
作者: 下間 憲行 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  常駐  ローマ字  カタカナ  メモリ 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. key change 簡易版 DOS/V マシン用のキー交換プログラム(簡易版)(ユーザー評価:0)
  2. Caps2Ctl IBM-PCのキーボードのCaps←→Ctrl入れ替え その他(ユーザー評価:0)
  3. mapkey DOS環境およびWin95のDOSプロンプトでのキーボード割り当ての変更(ユーザー評価:0)
  4. key change DOS/V マシン用の汎用キー交換プログラム(ユーザー評価:0)
  5. EZKEY キー割り込みをフックして各種機能拡張を行う(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック